MENU

クレジットカードの種類について

クレジットカード,ポイント還元,キャッシング,メリット,デメリット

様々な金融会社が独自のクレジットカードをつくっているため、全体像は計り知れなくなっているようです。

 

近年では、大抵の人が買い物の利便性を高めるために、自分のクレジットカードを持っているようです。しかし、一人で数枚のクレジットカードを持っていながらも、実質上は1枚か2枚くらいしか使っていないような人もいます。

 

クレジットカードは、漠然と使用するのではなく、使い道に応じて使い分けることで、利便性が一層高まるものです。
年会費を毎年請求されるクレジットカードと、年会費のいらないクレジットカードで、分けて考えてみましょう。

 

年会費がかかるクレジットカードの場合

特典サービスの内容が充実していたり、ポイント換算率が高く設定されていることが多いようです。
年会費のかかるクレジットカードの場合、空港のラウンジが優待で利用できたり、旅行時の損害保険に自動で入っていたりもします。
クレジットカードを使った高額の買い物をよくする人なら、ポイント還元率の高いクレジットカードがお得です。
普通に買い物をしていると、自然とクレジットカードの利用額が高くなっているという人は、年会費があっても差し引きでお得でしょう。
普段の買い物に利用するほか、月々の光熱費や、通信費用など確実に支払うものをカード払いにしておくと、自然とポイントが貯まっていくまでお得です。
ポイントの還元率や、割引率はクレジットカードによっても違いますので、得になるように、よく考えて使うと結果的に得になります。

 

年会費が無料のクレジットカード

年会費が無料のクレジットカードは、持っているだけでも問題はありませんが、ポイントの還元率や、割引サービスの内容も相応のものになります。


クレジットカードのポイント還元について

クレジットカードは現金を持たずに買い物が出来る便利なアイテムで、多くの人に利用されているものです。

 

手持ちのお金がなくてもカードで支払いができることは嬉しいことですが、その他にもクレジットカードには良さがあります。
クレジットカードを利用した分だけポイントが付与される特典は、上手に活用すれば大きなメリットになります。
ポイントは、クレジットカードを使った買い物に対してつくものであり、現金を使った支払った時には加算されることはありません。

 

クレジットカードを使ってポイントをためて、そのポイントを使うことでカタログ商品と交換することができるわけです。
ポイントの還元によって、現金で購入するよりも実質的に安い金額で購入出来ることになります。

出来るだけ高い還元率のカードを選ぶこと

ポイント付与率はクレジットカードによって異なりますので、出来るだけ高い還元率のカードを選ぶことが重要です。
例えば、特定の施設で買い物をした時に限り、ポイントの還元率が高く設定されているようなクレジットカードも存在しています。

 

金融会社はもちろんのこと量販店や旅行会社、ガソリンスタンドなどさまざまな会社がクレジットカードを発行しています。
よく行く施設や、お店がある人は、そこで発行しているクレジットカードにすることで、お得なサービスが受けやすくなったりします。

 

ポイント欲しさに、不必要な買い物をする意味はありませんので、無理なく使えるカードを選ぶようにしましょう。
毎月必ず支払いが発生する水道光熱費や携帯電話料金などの支払をクレジットカード払いにすることがおすすめの方法です。

クレジットカードのキャッシングサービスについて

商品やサービスを購入する時に、現金がなくても、クレジットカードで手続きが可能です。

 

クレジットカードは、キャッシング目的で使うことも可能であり、たくさんの人がカードを持っています。
キャッシング枠が付帯しているクレジットカードは、クレジット決済のほかに、現金融資も受けられるわけです。

 

あらかじめ決めてあるキャッシングの金額をオーバーしなければ、何回でも借りられます。
もしも、クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りたならば、次のカード精算日にまとめて支払うことになります。

 

クレジットカードによっては、キャッシング枠で借りたお金は、リボ払いの計算式を適用して支払うこともできます。

リボ払いの返済について

事前に決められた年利に基づいて利息がつきますが、リボ払いで返済をすると毎月の返済額が軽減されます。
財政的な事情で、翌月に借りたお金をまとめて返すことが難しいという時は、リボ払いにせざるをえないことがあります。

 

翌月にまとめて請求されても返しきれないという人は、リボ払いにして負担を減らすほうが賢明です。
毎月の返済額の上限をあらかじめ決めておき、それ以上の返済は翌月以降に繰り越すのが、リボ払いの考え方です。

 

リボ払いの魅力は、毎月の返済金額を一定額以下にできることですが、気をつけたいこともあります。
リボ払いでクレジットカードの支払いをしていると、返済を求められている金額が高くなりすぎて利息が膨らんだり、完済まで時間がかかりすぎたりします

クレジットカードのポイント還元率やキャッシング利用のメリットデメリット

クレジットカード,ポイント還元,キャッシング,メリット,デメリット

クレジットカードは、現金がなくても各種代金の支払いができるたいへん便利なツールです。

 

たくさんの社会人の方が日常的に活用しています。

 

クレジットカードを利用するメリット
  • 決済が手軽であること
  • 利用金額に応じてポイント還元などの各種サービスを受けられる点

 

ポイント還元率は、カードの種類に応じて対象となるサービスが異なります

 

自分の生活を勘案して、効率よくサービスを受けられるようにしたいところです。

 

たとえば、自家用車を頻繁に利用する家庭なら、ガソリンをクレジットカードで購入した際にたくさんのボーナスが受けられる種類のカードを
利用するととても効率が良いです。

 

クレジットカードはキャッシングの利用もできたりと多機能です。

 

カードごとにメリットとデメリットがあるので、カードの利用申請をする際には、それぞれのカードの特徴をきちんと比較しましょう。

 

自分の生活に適合した種類のクレジットカードを選択するべきです。


クレジットカードでキャッシングしたときの返済方法

クレジットカード,ポイント還元,キャッシング,メリット,デメリット

クレジットカードでは、キャッシング枠が設定されていさえすればそれでお金を借りることができます。

 

普通、キャッシングには専用のローンカードが必要になるのですが、実はクレジットカードでもお金を借りることができるのです。

 

返済方法ですが、一般的には通常のショッピングの利用代金と同じく、翌月以降に一括返済となっている場合が多いようです。

 

ただし、ショッピング利用代金については一括払いであれば利息はかかりませんが、キャッシングの場合は一括返済であっても日割りで利息がかかります。そのため、お金に余裕ができた際にはできるだけ早く返済したいと思うこともあるでしょう。

 

そういう場合であっても、返済方法が翌月一括払いだけであれば早めに返済することができません。結果として利息支払いだけがかさむことになります。

 

クレジットカードの種類によっては、ATMを利用してショッピング代金の引き落としとは別にキャッシングで借りたお金の返済ができるものもあります。

クレジットカードの審査基準は、キャッシング枠をつけると変わる?

クレジットカード,ポイント還元,キャッシング,メリット,デメリット

クレジットカードは、ショッピング枠キャッシング枠が1つのカードについていますが、実は両者は異なる性質を持っています。

 

 

ショッピング枠は、その名の通りショッピングに使うものなので、借金ではありません。しかし、キャッシング枠は消費者金融からの借金と変わらないので、貸金業法という法律が適用されます。そのため、キャッシング枠をつけると、審査基準は変わります。具体的には、年収の基準などが厳しくなる傾向があります。

 

 

クレジットカードの審査が不安な人は、キャッシング枠をゼロにして、ショッピング枠だけをつけるようにしましょう。そうすることで、審査通過の確率を上げることができます。もちろん、十分な年収を得ている人などは、あまり影響はありません。

 

キャッシング枠をつけると、消費者金融でカードローンを作るのと同じ効果があり、枠を持っているだけでも借入件数1件として数えられてしまうという点には注意をしておきましょう。

 

1枚や2枚持っているだけならそれほど影響はありませんが、何枚も持っていると多重債務者になってしまうリスクがあります。

[クレジットカードの上手な使い方]関連情報